美白マニアのハーブティー特選!肌を白くするイチオシを解説

美白にはハーブティーを利用する!

ハーブティーには、肌を紫外線や活性酸素から守る抗酸化成分や豊富なビタミン、ミネラルが含まれており、 シミやくすみに負けないお肌の土台作りに最適です。

毎日のティータイムに紹介したハーブティーを取り入れるだけで身体の内側から美白ケアできるので簡単ですし、楽しみながら続けられると思います。

美白マニアが選ぶ!厳選のハーブティーは以下の通り

→ルイボスティー 抗酸化作用、抗糖化作用、ノンカフェイン、豊富なミネラル
→ローズヒップティー 抗酸化作用、ビタミンC、ノンカフェイン
→カモミールティー メラニン生成を抑制、抗糖化作用、抗炎症作用
→ハイビスカスティー ビタミンC、クエン酸
→ジンジャーティー 血行促進作用、抗糖化作用
→ヒースティー メラニン生成を抑制
       

肌が機能低下や肌老化が肌の白さに影響している

20代まではお肌をキレイにしようと思ったら紫外線対策をしっかりして保湿を中心としてスキンケアを行っていればそれでOKです。

しかし、20代後半、30代からはお肌に積極的に働きかける攻めのアプローチが必要になり、美白化粧水や美容液を使ったケアの重要性が増してきます。

こうした外側からの美白ケアはもちろん大切なんですが、そもそも肌の白さが失われていくのは肌が老化してくるからです。 たとえば肌の代謝機能が低下すれば当然、メラニンを排出することができなくなりシミができやすくなります。

30代で代謝が落ちはじめ、40代で女性ホルモンが減少し、50代で抗酸化力が低下するというのが年代別にみた女性の肌の状態にかかわる大きな変化です。 こうした肌の衰えを左右するのはズバリ日頃の生活習慣です。

ストレスや睡眠、運動、そして何を食べているか、何を飲んでいるかといった普段口にしているものが、肌の状態と老化に影響して、結果として肌の白さにつながってくるわけです。

肌細胞の酸化や糖化といった老化や機能低下を防ぐにはスキンケア以上に肌の内側からのインナーケアが大切になります。 そのための手段としておすすめなのが簡単手軽で体にもやさしい「ハーブティー」なんです。

野菜や果物を毎日食べ続けるのは大変ですし、サプリは添加物や人工的なビタミン&ミネラルがあってイメージでなんとなくいや。 そんな人も多いと思うんですがハーブティーならそんな手間や苦労もなく、簡単に準備できて、効率よく美白のための有効成分を摂取することができます。

更新情報・お知らせ

「カモミールティーの美肌効果」を更新しました。

「ローズヒップティーの美肌効果」を更新しました。

「ルイボスティーの美肌効果」を更新しました。

「シミ・肝斑・くすみとは?」を更新しました。