美白マニアのハーブティー特選! > カモミールティー > カモミールティーの美肌効果

カモミールティーの美肌効果について

カモミールティーを飲むことでどんな美肌効果があるのか?肌を白くできるのか?といった肌に対する作用についてまとめてみましたので参考にしてください。

カモミールティーの美白効果について

カモミールエキスは厚労省に美白成分として許可をもらっているほどの成分です。

カミツレエキス(カモミラET)って聞いたことはありませんか?花王の美白化粧品に配合されている美白成分で、 よくあるチロシナーゼを抑制して、メラニン生成を抑制するというものではなく「メラニンを作れ!」という生成の指令をだす 「エンドセリン」などの情報伝達物質をブロックするという作用があるものです。

肌に塗るのと飲むのでは同じ効果があるとはいえませんが、カモミールティーを飲むことでメラニン生成を抑制する効果が期待できるかもしれないということですね。

あとで紹介しますが、カモミールティーを飲むことでこれまた抗酸化力を高めることができるので紫外線に対しての防御力が上がりますから シミやソバカスを防ぐことにも役立つと思います。

カモミールティーの抗糖化作用について

カモミールティーには、今注目の糖化を防ぐ抗糖化作用が非常に強いという特徴があります。

カモミールに含まれるカマネロサイドという成分に、糖とタンパク質が結びついてしまうのを防ぐ作用があり、これが抗糖化作用につながっているとのこと。 糖化は肌への影響も大きく、糖化によってAGEsが肌のコラーゲンに蓄積されるとハリ・弾力・ツヤが失われて一気に顔が老けてきます。

肌も黄ばんでくるので透明感がなくなりますし、酸化以上に老化を推し進めてしまう原因になってしまうんですね。 カモミールにはローマンとジャーマンの2種類がありますが、抗糖化作用が目的であればローマンのカモミールティーがおすすめです。

カモミールティーの肌の炎症を抑える作用について

カモミールは炎症を抑える「カマズレン(アズレン)を含有しています。

このアズレンは昔から薬として利用されてきたもので今でも皮膚炎の治療薬やニキビや肌荒れ用のクリーム、それから脱毛クリームにも配合されていることが多いです。 こうした抗炎症作用というのは飲んでもおそらく効果的なはずです。

ニキビや肌荒れ、アトピー肌に効果があると思います。

カモミールティーの活性酸素を除去する作用について

カモミールティーには鎮静作用や抗炎症作用を持った様々な成分が含まれていますが、 なかでもポリフェノールの一種であるフラボノイドは活性酸素酸に対する抗酸化力が高く、体内の活性酸素を除去する働きが期待できます。

※カモミール特有のフラボノイド「カマメロサイド」というものもあります。

冒頭紹介しましたが、この抗酸化力のおかげで肌老化をすすめる酸化と糖化を防ぐことができるわけです。

活性酸素を減らす事は、結果的にシミやソバカスの発生を防ぐことができますし、肌内部のコラーゲンの破壊を防止することができるので シワやたるみも防ぐことができます。若々しい肌を保つのにカモミールティーは心強い存在になってくれるはず。

「カモミールティー」についてのカテゴリ

カモミールティーの美肌効果←今ココ

カモミールティーの健康効果

カモミールティーのココが気になる

カモミールティーのよくあるQ&A