美白マニアのハーブティー特選! > カモミールティー > カモミールティーの健康効果

カモミールティーの健康効果について

カモミールティーを飲むことで体の内側からキレイと健康を手に入れることができます。美容以外の効果効能をまとめてみましたので参考にしてください。

カモミールティーの花粉症に効果について

カモミールエキスは厚労省に美白成分として許可をもらっているほどの成分です。

カモミールティーには抗炎症作用や抗アレルギー作用があり、こうした作用が花粉症に効いてくれるといわれています。

カモミールにはジャーマンとローマンの二種類がありますが、そのうちジャーマンカモミールの方には、抗炎症作用のあるアズレンという有効成分が含まれています。 アズレンには、アレルギーによって引き起こされる様々な症状を緩和し鎮める効果があります。

もともとカモミールは美肌目的というよりはそうした抗炎症作用や抗アレルギー作用を目的に古くから医療用の薬草として用いられてきたものですから 大いにその作用は期待してもいいのではないかと思います。

花粉症の症状にはジャーマンカモミールと覚えておきましょう。

カモミールティーの安眠・リラックス効果について

カモミールはリンゴのような優しい香りを持つハーブです。

そのため精神を安定させる作用があり、安眠、リラックス、疲労回復に効果があるということでよく知られています。 神経を鎮めリラックスさせる効果と身体を温める効果があるハーブなので、睡眠前にカモミールティーを飲むことで安眠に導く効果があります。

ヨーロッパでは古くからヒステリーや神経症の薬として用いられてきた歴史があり、 今でもヨーロッパでは病院に入院中の患者さんの夜のお茶としてカモミールティーを配っているところがあるといいますからその力は本物です。

肉体的な緊張や興奮を鎮めることはもちろん精神的な痛みや苦痛、うつといった症状にも有効だといわれていますから 心も体もストレスや疲労がガチガチになっている私たちにはぴったりだと思います。

カモミールティーの生理痛の緩和作用について

女性にとってつらいのが生理痛ですが、そんな女性ならではの苦しみにも優しく寄り添ってくれるのが「カモミールティー」です。

生理痛の原因の一つに、体の冷えによる血行不良があります。「カモミールティー」には、鎮痛作用や、体を温め、発汗させる作用があります。 温かい「カモミールティー」を飲むと、血行が促進され、体が温まり、生理痛や月経前の不快な症状が緩和されるんですね。

また、カモミールティーには、抗痙攣作用があるように行き過ぎた筋肉の緊張などを緩和してくれる作用も期待できます。 生理痛が傷むのは子宮口が狭いということもありますが、血行が悪く筋肉がガチガチで収縮がうまくできないことも理由の1つです。

子宮にやさしいハーブティーとカモミールティーが言われるのも納得です。

カモミールティーの活性酸素を除去する作用について

カモミールティーには鎮静作用や抗炎症作用を持った様々な成分が含まれていますが、 なかでもポリフェノールの一種であるフラボノイドは活性酸素酸に対する抗酸化力が高く、体内の活性酸素を除去する働きが期待できます。

※カモミール特有のフラボノイド「カマメロサイド」というものもあります。

冒頭紹介しましたが、この抗酸化力のおかげで肌老化をすすめる酸化と糖化を防ぐことができるわけです。

活性酸素を減らす事は、結果的にシミやソバカスの発生を防ぐことができますし、肌内部のコラーゲンの破壊を防止することができるので シワやたるみも防ぐことができます。若々しい肌を保つのにカモミールティーは心強い存在になってくれるはず。

「カモミールティー」についてのカテゴリ

カモミールティーの美肌効果

カモミールティーの健康効果←今ココ

カモミールティーのココが気になる

カモミールティーのよくあるQ&A