美白マニアのハーブティー特選! > 美白インナーケアの重要性 > シミ・肝斑・くすみの対処法

シミ・肝斑・くすみの対処法について

私たちを悩ませるシミやくすみにはいろいろなタイプがあり、できる原因や気を付ける点が異なります。 何をしたらよくないのか?しっかり勉強しておきましょう。

紫外線によるシミの特徴、できてしまう原因

女性にとって大きな悩みの一つなのが、顔にできるシミです。

シミができる原因の一番の理由はなんといっても紫外線になります。

私たちの皮膚は表皮と真皮からできています。表皮は「ケラチノサイト(表皮細胞)」や「メラノサイト(色素細胞)」などから構成されており、 紫外線を浴びると、表皮の一番下にあるメラノサイト内で肌の細胞核を守るためにメラニン色素が作られてケラチノサイト(表皮細胞)に放出されます。

通常、メラニン色素は、肌を守る役割を終えると、古い角質とともに剥がれ落ちていきますが、長時間、強い紫外線を浴びたことでメラニン色素が大量に作られたり、 加齢などの影響で肌の新陳代謝が乱れているとメラニン色素がそのまま表皮に沈着してしまい、シミになります。

炎症性色素沈着の特徴、できてしまう原因

炎症性色素沈着は肌への摩擦や刺激がきっかけになり、メラノサイトが活性化してメラニンが生成されてシミになったものです。 虫さされやニキビ、ムダ毛を抜くなどの行為、コットンで肌を叩くなどの肌に負担をかけるスキンケアも原因になります。

最初のうちは、ちょっとした赤みだったりするので目立ちませんし、放っておいても自然に治ることが多いのですが、繰り返して摩擦や刺激にさらされたり、 紫外線を浴びたりすることで、どんどん赤みが茶色に変わり、その色もだんだんと濃くなっていくのが特徴です。

肝斑の特徴、できてしまう原因

肝斑は30~50代の女性にできやすいです。

頬のあたりに左右対称に茶色や薄い赤色をしたシミができます。主な原因は女性ホルモンにあるため、妊娠をきっかけにできる人が多く、 この場合は産後ホルモンバランスがもとに戻れば自然に治癒するといわれています。

その他にもストレスや生活習慣、更年期など女性ホルモンのバランスが乱れると肝斑の症状がでてくるといわれていますし、 紫外線や頻繁に触るといって刺激でも悪化するといわれているものです。

シミと肝斑の見極めは難しく、肝斑をシミだと思って病院でレーザー治療を行うと症状が悪化する可能性があります。 今のところ肝斑に最も有効な治療法は内服薬を飲むことなので病院を早めに受診する必要があります。

くすみの特徴、できてしまう原因

くすみの原因は、いろいろあります。

肌の表面に角質やメラニンが溜まっていたり、乾燥していることで角質層が毛羽立ち、それが肌の透明感を失わせる原因になっていることもありますし、 血行が悪いとか内臓のどこかが悪いといったことでも顔色にあらわれてきます。

肌だけの問題なのか、体全体の問題なのかに分かれるということですね。

肌に問題があってくすんでいる場合は、保湿と角質ケアをすればいいですし、血行が悪いようであれば血液循環を促進するための運動やマッサージなど、 体を冷やさない生活習慣が大切になります。全身の血行を促進することは、肌に問題があるくすみも防いでくれます。

「美白インナーケアの重要性」についてのカテゴリ

シミ・肝斑・くすみの対処法←今ココ

美白は身体の内側からが効く

要注目のハーブティー4選

美白&美肌にいい飲み物