美白マニアのハーブティー特選! > 美白インナーケアの重要性 > 美白は身体の内側からが効く

美白におけるインナーケアの重要性について

美白というと紫外線対策をして、美白美容液をつけてというスキンケアがメインになると思いますが、肌に負担をかけてしまうことが多いです。 それに比べるとインナーケアは即効性はないものの安全性に優れているといえます。

美白化粧品は肌を傷めてしまうという事実

美白化粧品を使ってお肌が白くなるのは、メラニンの生成を抑制するからです。

本来このメラニンというのは紫外線やその他、外部の影響から肌を守る役割を果たしている必要不可欠なもの。そうした肌を守る自衛システムというべきものを無理やり抑えこむのが美白ケアなんですね。

当然、メラニンの生成を抑制するためには、お肌に強く働きかけ、メラノサイトのある肌の奥の基底層まで美白成分を浸透させなければいけません。そのため他の基礎化粧品に比べて 美白コスメというのは段違いにお肌への刺激が強くなり、肌に負担がかかりやすくなっています。

こうした理由で、美白化粧品を使うと肌が乾燥するとか、湿疹や肌荒れなどが発生するといったことが起こってくるわけです。 肌のバリア機能が弱い乾燥肌や敏感肌の人ほど美白ケアで感じる刺激というのは大きくなります。

日焼け止めは肌に悪いって本当?

日焼け止めは決して肌にいいものではありません。

肌にいいものではありませんが、紫外線の害に比べればまだマシだというものです。紫外線から肌を守ってはくれますが、 肌にやさしいものではないので、つけないことに越したことはないんですね。

なぜ日焼け止めが肌に悪いかということですが紫外線に含まれる紫外線吸収剤や紫外線散乱剤が肌に負担になるからです。 特に紫外線吸収剤の肌への負担というのは大きいです。

最近は「SPF50」というようなやたらとサンケア指数の高い日焼け止めを宣伝していますが、肌に負担をかけるばかりで、 汚肌の原因になっているというケースがすごく多いんですね。

日焼け止めを塗るならSPFの低い紫外線吸収剤不使用のものを使ってこまめに塗り直すというほうが効果はあります。

美白サプリのメリット・デメリット

美白サプリというものもあります。

美白サプリに配合されている成分としてはビタミンCと共にL-システインも良く耳にします。 ビタミンCは肌細胞を活性して美肌をつくりあげる手助けをし、L-システインは色素を薄くする働きがあります。 両方を摂取することで、相乗効果で美白に働きかけてくれます。

しかし、こうした美白サプリもメリットばかりでは有りません。

例えば含有量の高いL-システインを単体で飲み続けると、色素を薄くするという性質から、白髪が発生しやすいという報告があります。 これを防ぐためには、粘膜に働きかけるビオチンを同時に摂取するといいそうです。

特定の栄養素や成分だけを大量に摂取するというのも自然からかけ離れているので思いもしない結果になることがあります。 美白サプリにはメリットだけでなく、デメリットもあるということをきちんと理解して上手く活用するようにしましょう。

ハーブティーなら体にも肌にもやさしく美白できる

というわけで、スキンケアで美白するのは肌に負担がかかり、サプリメントは特定の成分を大量に摂取してしまうことの副作用が怖いということをお話ししました。

いずれも適正に商品を選んで使えば大きなトラブルになることはないんですが、リスクを知らずに利用している人が多いのでそれはまずいということをお知らせしたかったわけです。

そんななかで肌にも体にも比較的やさしく美白できるというのがハーブティーなわけです。

即効性はないんですが、その含有する豊富な抗酸化成分やビタミン、ミネラルの働きでジワジワと紫外線に強く、酸化や糖化に負けない肌というのを作ってくれるからです。

こうした肌内部、体の内側からの美白というのは後あとボディーブローのように効いてきますから白い肌の下地をしっかり作るという意識をもって ハーブティーを飲む習慣をつけてほしいと思うわけです。美白以外にもさまざな作用があるのでそれが役立つときもあると思いますし。

「美白インナーケアの重要性」についてのカテゴリ

シミ・肝斑・くすみの対処法

美白は身体の内側からが効く←今ココ

要注目のハーブティー4選

美白&美肌にいい飲み物